アーカイブ

Posts Tagged ‘fedora’

dnfとrpmがsegmentation faultするようになったFedora23マシンをなんとかする

研究室で少し前に作ったデスクトップ環境にプリンタドライバを入れていなかったことに気付き、
canonのドライバを適当にdnfで突っ込んだ時に何らかの事故が発生。

どこかのライブラリが中途半端に更新されたのか、dnfとrpmがセグメンテーション違反で完全に動作しなくなりました。
「とりあえず何が原因か調べるかー」とgdb rpmをした瞬間、rpmを起動しようとしたgdbが死にます。
コアダンプを別のマシンに運んで検死を試みるもバージョン違いでうまく原因が特定できず。

原因はライブラリのバージョンが中途半端に更新されたことっぽいので、どうにか直そうとしてみます。
1. Fedora23のインストールディスクで起動。
2. グラフィカルインストーラが上がってきたらCtrl+Alt+F1でコンソールへ。
3. sda2にあるLVMをactivate
4. root filesystemを/mnt/tmpにマウント
5. /mnt/tmp/etc/yum.repos.d を /etc/yum.repos.dとしてコピー
6. dnf –installroot=/mnt/tmp –releasever=23 update
で、とりあえずなんかライブラリは更新されたっぽい。
chroot /mnt/tmp → rpmが落ちなくなったことを確認し、再起動。

教訓:何かを入れる前にはいったんdnf updateしましょう

広告
カテゴリー:GNU/Linux タグ:

raspberry pi 2でバスパワー駆動のUSB HDDを認識しなかった

Fedora22を動作させているraspberry pi 2にUSB HDDを接続したところ、
HDD側の基盤のパワーランプは点灯するもののdmesgにもlsblkにもlsusbにも表示されません。

どうしたもんかと調べてみるとpi2ではバスパワーでの1.2A給電に対応したもののデフォルトでは0.6A制限がかかっているとのこと。
/boot/config.txtにmax_usb_current=1と書くと1.2A出力モードになるようですが、もちろんそんな環境固有の設定ファイルはFedoraにはありません。
さらに調査を進めるとその設定はgpio38に連動しているということがわかりました。gpioコマンドはないのでsysfsを叩きます。


# echo 38 > /sys/class/gpio/export
# echo out > /sys/class/gpio/gpio38/direction
# echo 1 > /sys/class/gpio/gpio38/value

とりあえずrc.localに書いてみたものの、これ多分ローカルファイルシステムがマウントされた後に走るからfstabにusbhdd書いてもマウントされないんだよなぁ・・・

カテゴリー:GNU/Linux タグ:

Fedoraからandroidデバイス(MTPモード)をマウントする

FedoraからAndroidデバイスはデバッグモードでしかつないでいませんでしたが、
MTPでデータを取り出す必要がでてきたので調査。
simple-mtpfsがユーザランドだけで使えて便利そうな感じ。

simple-mtpfsのインストール

# dnf install simple-mtpfs

マウント

$ simple-mtpfs -l
1: Google Inc (for LG Electronics/Samsung)Nexus 4/5/7/10 (MTP)
$ simple-mtpfs --device 1 ~/mnt/usb

デバイス指定はひとつだけの場合は不要。
アンマウントはsshfs同様にfusermount -u で。
日本語もちゃんと表示されています。

カテゴリー:GNU/Linux タグ:

Fedora18でノートPCを閉じた時の挙動を変える

旧ノートをバックアップサーバーとして活用するべくFedora18をクリーンインストールしました。
昔は画面を閉じてもサスペンドに入らなかったのですが、Fedora18では蓋を閉じるとスリープしてしまいこれではサーバーにならん。
ということで設定を変えました。
日本語の情報が尽く古く、systemd以前の情報しか出てこないのですが、最近のFedoraでは
/etc/systemd/logind.confで、
HandleLidSwitch=ignore
にすれば良いようです。
systemd-logindをrestartして画面を閉じてスリープしないことを確認。

カテゴリー:GNU/Linux タグ: , ,

Fedoraの389 directory serverではまった点各所

・Fedoraの389 directory serverはSSLがないとパスワードの変更を受け付けてくれない
 →http://directory.fedoraproject.org/wiki/Howto:SSL を参考にSSLを導入

・serviceやsystemctlでdirsrvをrestartするとパスフレーズを聞いてこない上、「パスフレーズちげーよ」と言われて起動に失敗する

[27/Feb/2013:00:31:48 +0900] - ERROR: SSL Initialization Failed.
[27/Feb/2013:00:33:10 +0900] - SSL alert: Security Initialization: Unable to authenticate (Netscape Portable Runtime error -8177 - The security password entered is incorrect.)

 →restart-dirsrvで再起動すると聞いてきた

・pam.dとか直接いじってもうまく行かなかった
 →authconfig-tuiでやること

・uid1000未満のユーザーはsshが認められないらしい(orパスワード認証?)
 →authconfigで全部設定した後に/etc/pam.d/でgrep 1000 *し、おもむろに全部500に書き換えたらuid500でもログインできた

カテゴリー:未分類 タグ: ,

wineで音が出なくなってたのを直した

いつからかwineでサウンドドライバが動かなくなってた。

エラーはこんな感じ。
err:mmdevapi:DllGetClassObject Driver initialization failed
とりあえずそのまんまfedoraのbugzillaに突っ込んだところ
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=747735
がヒット。
コメント3にしたがってレジストリを直したら今度はノイズが。
音が出ない問題をあさってた時に見た記憶があったのでbugzillaを探し直す。
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=783699
に従ってpasuspenderを通してからwineを起動すると大丈夫。
しかし困ったなこりゃ。

カテゴリー:未分類 タグ:

Fedora16のLXC内にSL6.2を入れてみる

まあ、基本的にはうまく行くよね。問題が起こるとすればkernelのバージョンを見ているプログラムとかか。(3系なので。)

・ホストFedoraの/etc/yum.repos.dにsl.repoを突っ込む
 disableにしておきましょう、忘れた頃に事故ると悲惨なことになります。
 あと、GPGKEYがないと怒られるので入れるかチェックを無効に。
 $releaseverは6.2に置換しておきます。
・yum –installrootを使ってLXC用ディレクトリにインストール
 だいたいFedoraといっしょ。Fedoraのリポジトリをdisablerepoするのを忘れずに。
 yumとか入れとくこと。
・chroot
・この状態でSLのrpmを使うとエラーが出る(/var/lib/rpm/Nameが壊れてるとかなんとか)ので、
 該当ファイルを削除してrpm –rebuilddb
・/etc/rc.d/rc.sysinitを適宜修正
– /sbin/start_udevを削除しないとptyが上書きされてrequest failになるっぽい

かんせい。

カテゴリー:GNU/Linux タグ: , ,