Archive

Archive for 2014年12月

Windows8.1にアップグレードしたマシンでActive Directoryのキャッシュログオンができない

研究室のマシンをWindows7からWindows8.1にアップグレードしたところ、ADのキャッシュログオンができなくなりました。
Windows7時代は無線offでもドメインログオンができたのですが、8.1ではキャッシュにない場合同様に「ログオンを処理できるサーバがない」というエラーに。
レジストリ、グループポリシー等を見てみる等試行錯誤の末、結局ドメインから外して再加入させたところ問題なくキャッシュログオンできるように。どうしてこうなった。

カテゴリー:未分類

Fedora21でbattiが動かなくなったので暫定対処した

ノートPCをFedora21に上げたところ、トレイ常駐のバッテリ残量表示ソフトbattiが動かなくなりました。
残量がぱっと見えないと事故りそうで怖いので、問題のコードを調整。
起動時にdbus経由でCanSuspendとかCanHibernateを取ろうとしているのですが、そいつらがとれなくて落ちているため、そいつらをつぶします。

source rpmを取ってきていじってrpmを作り直すのが後々更新が楽ですが、面倒であればインストール後に該当ファイルを直接修正してもよし。

PowerBackend.pyの183行目~191行目を

        if properties.Get(self.dbus_interface, 'CanSuspend'):
            self.__can_suspend = True
        else:
            self.__can_suspend = False

        if properties.Get(self.dbus_interface, 'CanHibernate'):
            self.__can_hibernate = True
        else:
            self.__can_hibernate = False

から、ざっくり削って

        self.__can_suspend = False
        self.__can_hibernate = False

にすると動作するようになります。tabじゃなくてスペースです。注意。

カテゴリー:GNU/Linux

Fedora19 -> 20でkvmが動かなくなった

以下の4パッケージのバージョンが上がらなかったので嫌な予感はしていたのですが・・・
1:ceph-libs-compat-0.80.5-11.fc19.x86_64
1:libcephfs1-0.80.5-11.fc19.x86_64
1:librados2-0.80.5-11.fc19.x86_64
1:librbd1-0.80.5-11.fc19.x86_64

fedupした後、案の定kvmが動かなくなりました:
内部エラー x86_64 の適切なエミュレーターを見つけられません

結局原因がよくわからなかったので上記4パッケージやqemu-kvm等を一度削除、qemu-kvmとlibvirt-daemon-kvmを入れ直してやったら治りました。

カテゴリー:GNU/Linux

Fedora20->21のupgradeでgnome-shellが暴走する

毎度おなじみになりつつあるgnome系トラブル。アップグレード後にXが上がってきても真っ暗になってしまい何も表示されない。
アップグレード先productはworkstation。
はいはいいつものnvidiaドライバね、と思いながらXorgのログを読んでみても問題なさそうな感じ。
topを見るとgnome-shellがgdm権限で暴走している。

ちなみに、nvidiaをやめてnouveauにしたらgdmが暴走ではなく即死するようになった。
完全に原因不明なので要注意というだけのメモ。

カテゴリー:GNU/Linux