ホーム > 未分類 > Raspberry pi 2のttyAMA0をFedora22で使うには

Raspberry pi 2のttyAMA0をFedora22で使うには

raspberry pi 2のuartを使おうとしてttyAMA0を操作しようとしたところ、なんかうまくいきません。

嫌な予感がしたのでとりあえずps au | grep tty

root 346 0.0 0.0 5336 752 ? Ss+ 9月05 0:00 /sbin/agetty --keep-baud 115200 38400 9600 ttyAMA0 vt220

オマエカー

ということで無効化します。・・・systemdの場合どうするんだこれ。

きっと /etc/systemd/system/getty.target.wants の中にserial-getty@ttyAMA0があるんだろう!
→ないです。ないのにもかかわらず魔法の力でttyAMA0に対してagettyが起動してきます。

対策: systemctl mask serial-getty@ttyAMA0
/etc/systemd/system/getty.target.wants/serial-getty@ttyAMA0が/dev/nullにリンクされます。
これでrespawnしてこなくなるので、あとは今いるagettyを殺してやればok。

広告
カテゴリー:未分類
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。