ホーム > 未分類 > クチバジムのゴミ箱と戦う 1回戦

クチバジムのゴミ箱と戦う 1回戦

d6c2: 1stゴミ箱
d6c3: 2ndゴミ箱

これさえわかってしまえばコードは読める!!!!!
と思っていた。

1stゴミ箱のコードはro17:7E4F近辺にあります。コードはとっても単純に、乱数発生させてand 0eしただけ。
擬似乱数がまともなら偏る要素はありません。
8192回やってみた感じではわずかに上下するくらいか。
12.2%, 13.7%, 12.7%, 12.2%, 11.6%, 12.9%, 12.5%, 12.3%

2ndゴミ箱のコードはro17:7E34近辺です。こちらは現在解析中ですが、クリティカルなバグを見つけてしまいました。そりゃゴミ箱も変な位置になるわ。
「2番目のゴミ箱の取りうる場所」テーブルを見るときに下限0の乱数に対してdecを書けているのでffになることがあります。この場合、テーブルから外れて変なところを見ます。
テーブルの中身やテーブルの読み方は調査中。

広告
カテゴリー:未分類
  1. 2015年7月26日1:45 AM

    テーブルのエントリはro17の7e65から5バイト固定長。1stに選択されないゴミ箱のデータもある。
    先頭がエントリの長さ、続く4バイトが実データ、余った部分は0埋め。
    テーブルの中身は正しく、これを読むプログラムが間違っているので2ndゴミ箱が変なところに飛んでいく。

  2. 2015年7月26日1:48 AM

    このゴミ箱コード書いた奴、and演算が何なのか理解していない・・・?

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。