ホーム > GNU/Linux > Fedora22のインストーラでCentOS7をインストールしてカーネルだけFedora22の4.0.6に差し替える

Fedora22のインストーラでCentOS7をインストールしてカーネルだけFedora22の4.0.6に差し替える

自分でも頭がおかしいと思いました、何が起こっても知りません

1. Fedora22 Server netinstのisoで起動します
2. リポジトリ選択で、自動から手動に切り替えてCentOS 7のリポジトリを入力します
( http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/7/os/x86_64/ )
3. 追加のリポジトリにepelを追加します。これを怠るとdnfがなくてインストールできません。ミラーリストを使うとanacondaが落ちるので直接入力します。
( http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/7/x86_64/ )
4. インストールが完了した画面になったら、Ctrl+Alt+F2を押してコンソールに落とします
5. chroot /mnt/sysimageします
6. /etc/yum.repos.d/fedora.repoを以下の内容で作ります

[fedora-updates]
name=fedora-updates
baseurl=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/updates/22/x86_64/
enabled=0
gpgcheck=0

7. yum install –enablerepo=fedora-updates kernel-4.0.6-300.fc22.x86_64
8. exitして再起動します
9. できあがり

広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。