ホーム > GNU/Linux > EPSON EP-807AをFedora21から使う

EPSON EP-807AをFedora21から使う

家族共用の忌々しきCanon MP980が壊れ、新しくEPSON EP-807Aが入ってきました。
今回の購入時は事前調査をしてppdがまともにあるものを調べたので大丈夫・・・と思いきやFedora21のepson-inkjet-printer-escpr (1.3.1-3)は古くEP807A非対応。
とりあえずrawhideを漁ったら1.4.3のパッケージがありそうだということが分かったので、kojiからsource RPMをダウンロードし、rpmbuild。

設定自体は簡単で、詳細設定のプリンタ自体にippのURLが出てきます。cupsにアドレス http://(ipaddr):631/ipp/print を突っ込んで終了。幸せ。

広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。