ホーム > その他 > windowsインストールディスクのboot.wimに入れたはずのファイルが見えない

windowsインストールディスクのboot.wimに入れたはずのファイルが見えない

WindowsのインストーラをiSCSI bootした時に発生したこと。
蟹NICのドライバが入っていなかったためWindowsに制御が移るとディスクを見失ってしまうため、
boot.wimに蟹のドライバを突っ込むことにしました。

ところが、

dism /mount-image /imagefile:e:\sources\boot.wim /index:1 /mountdir:c:\wimtemp

とやってc:\wimtemp\driversにドライバデータを突っ込んだものの、インストーラを起動してドライバを追加しようとするとdriversディレクトリが見えません。
どうしたことかと戦うこと数時間、「wimは内部に複数イメージを持つことができる」という情報を見たため、もしやと思い

dism /get-imageinfo /imagefile:e:\sources\boot.wim

とかやってみたところ、

インデックス 1
名前 Microsoft Windows PE (x64)
説明 Microsoft Windows PE (x64)
サイズ 1,097,225,907 バイト

インデックス 2
名前 Microsoft Windows Setup (x64)
説明 Microsoft Windows Setup (x64)
サイズ 1,193,059,160 バイト

これである。

インストーラが読むのはindex:2の方なので、

dism /mount-image /imagefile:e:\sources\boot.wim /index:2 /mountdir:c:\wimtemp

して、そっちにファイルを突っ込むのが正解でした。

広告
カテゴリー:その他
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。