ホーム > GNU/Linux > Fedora20->21のupgradeでgnome-shellが暴走する

Fedora20->21のupgradeでgnome-shellが暴走する

毎度おなじみになりつつあるgnome系トラブル。アップグレード後にXが上がってきても真っ暗になってしまい何も表示されない。
アップグレード先productはworkstation。
はいはいいつものnvidiaドライバね、と思いながらXorgのログを読んでみても問題なさそうな感じ。
topを見るとgnome-shellがgdm権限で暴走している。

ちなみに、nvidiaをやめてnouveauにしたらgdmが暴走ではなく即死するようになった。
完全に原因不明なので要注意というだけのメモ。

広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。