ホーム > プログラミング > そらをとぶの行先フラグ

そらをとぶの行先フラグ

0xD68Aと0xD68Bがそらをとぶの行先フラグです。
D68Aの下位からマサラ、トキワ・・・と順になっており、D68Bは0x04のヤマブキが最後です。
D68Aに関しては0x01を立てておかないと「そらをとぶ」を選択した瞬間に暴走するので注意。
該当するのは32匹目の4つめの技とIDの上位バイトです。
化石変換で操作する部分と同じなので、
化石変換をした後で空を飛びたい場合(そんな需要があるのかは知らないが)は4番目の技が奇数の番号を持つものにしておく必要があるようです。

32番目に送るポケモンのIDの上位バイトの0x02が立った状態で送っておき、セキエイに飛び、
チャンピオンロードで32番目を戻して、セキエイに戻ればバッジ不足状態で入れそうな気がします。入れました。
ID調整は面倒と思いきや上位バイト=5番目の技なので簡単にいじれますね。

広告
カテゴリー:プログラミング
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。