ホーム > GNU/Linux > TeXLiveにgnuplotが出力したepsを食わせると左下にずれる

TeXLiveにgnuplotが出力したepsを食わせると左下にずれる

2014/1/22 12:50訂正:この記事の後半の内容は大嘘です。
以下の現象はgraphicxをusepackageするときにdvipdfmxオプションを指定しなかったために発生していたものでした。
参考:http://d.hatena.ne.jp/zrbabbler/20140121/1390313675

普通に入れるとこんな感じにずれます。
texlive

こんな感じでずれたら\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}になっているかを確認しましょう。

以下、大嘘です

どうも、この現象はTeXLiveのどこかがBoundingBoxの左下を正しく認識しないことからきている気がします。
というのも、BoundingBoxの左下数値が0 0となっているとこの現象は発生しません。

対症療法的な方法なのであまり好きではないのですが、生成されたBoundingBoxの数値の頭2つを半分にしてやると解決します。

%%BoundingBox 50 50 410 302
であれば、
%%BoundingBox 25 25 410 302
とするとちゃんと中央に表示されているように見えます。ただし、TeXLive以外の環境でpdfを作った場合の結果はお察しください。

広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。