ホーム > GNU/Linux > Fedora19以降でgnomeのロックができない

Fedora19以降でgnomeのロックができない

今更ながらgnome環境で使ってるマシンをFedora19にしました。
したところまではよかったのですが、gnomeのメニューからロックが消滅、gnome-screensaverも起動せず。

原因はkdmを使っていたからで、gdmを使うようにしたらロックできるようになりました。
gdm使いにくいんだから勘弁してくれ。

別の解決策としてはxlockmoreを入れてxlockを使う選択肢もありますが、
Fedora19のxlockにはバグがあり、英語以外の環境だとパスワードプロンプトが2回でてきて、しかも1回目は全く意味がないようです。
この状態にはまった場合は1回目のPassword: でそのままエンター、2回目は文字化けしていることがありますが構わずパスワードを打ってenterすることでxlockを解除できます。(最初これに気がつかなくてkill -9で殺したのは秘密)
これはxlockを起動するときにLANG=Cを設定してやれば大丈夫です。

$ LANG=C xlock

広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。