ホーム > GNU/Linux > FedoraでISC-DHCPDのリーステーブルを表示する

FedoraでISC-DHCPDのリーステーブルを表示する

ちゃんと調べればすぐ分かりそうなのに面倒になってログファイルから切り出したりしていましたが、
/var/lib/dhcpd/dhcpd.leases
に書いてあります。大雑把に見るだけなら
$ grep 192.168.1. dhcpd.leases | sort | uniq
とかやるといい感じでアドレスの部分だけとれます。(時間切れのものも載っている?)
MACアドレスとか表示するならちゃんとパースする処理が必要か。
{}がネストされないのでパーサは雑に書いても大丈夫そうですが。

広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。