ホーム > GNU/Linux > サブ機をFedora18にしようとした

サブ機をFedora18にしようとした

fedupでアップグレードした結果まるごとぶっ壊れた。
fedora17時代にtexlive2012のリポジトリを追加していると一部依存関係がおかしくなったりするのは知っていたのだが・・・

・gnome3が上がってこなくなった
  どっかの依存関係が引っ張ってきたライブラリのバージョン不整合。
  というか、思いっきりfc20って書いてあるんですがそのパッケージ。
・firefox、chrome限定でなぜか日本語入力が効かなくなった
  *_IM_MODULEを確認したりibusに設定したが駄目。
  新しくnirendaのアカウントを作ったがやっぱり駄目。
・いろいろアイコンがおかしい
  gnomeのicon関係パッケージを入れなおしたらちょっと良くなった
  ええ、一回gnomeまるごと消して入れなおしても駄目でしたとも。
・extensions.gnome.orgからextensionが入らなくなった
  バージョンが古いと言われた。クリーンインストールしたら治った。なぜだ。

というわけでhome以下を一晩かけてまるごとeevee(メインサーバー)にrsyncしてからサブ機クリーンインストール。
ノートPCの時は特に問題なかったんだけどなぁ。

ちなみに、旧環境ではclearlooksの枠を使っていたのですが、再インストールしたらなくなりました。
gnome-themes-legacyをインストールすると復活します。

広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。