ホーム > 未分類 > KVMで動かしてる仮想マシンのログイン画面をホストの仮想端末に表示する

KVMで動かしてる仮想マシンのログイン画面をホストの仮想端末に表示する

ややこしいタイトルだけどやりたいことはCtrl+Alt+F7とかF8で切り替わる画面に仮想マシンのログイン画面を持ってきたいってこと。

難しく考えすぎていたがやることは単純だった。
・virt-managerで仮想マシンにserialを追加(デフォルトでvirsh console用のシリアルポートが追加されているため、2番目のシリアルポートとなる)
・追加時の設定で、「物理ホストのキャラクタデバイス」→パスを/dev/tty7などにする
・ゲスト側で/dev/ttyS1にログイン画面を表示するように設定する
 systemdだと/etc/systemd/system/serial-getty.target.wants/以下に、
 ln -s /lib/systemd/system/serial-getty@.service serial-getty@ttyS1.service
でいいと思う。
・ゲスト側の/dev/ttyS1=ホスト側の/dev/tty7でagettyが走り、物理マシンの仮想端末にログイン画面が表示される。

未解決問題
・ゲストを再起動するとserial-gettyが動かない?
・LANGがja_JP.UTF8になって悲惨
・TERMがvt102になって悲惨

広告
カテゴリー:未分類
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。