ホーム > 未分類 > WebDAVでファイルサーバー

WebDAVでファイルサーバー

ふとしたことからインターネット経由でアクセスできるファイルサーバーを作ることになったが、
sshfsやsftpではwindowsからのアクセスの敷居が高い。
デフォルトで扱えるSMBはインターネット越しだとVPNやら準備しないといけなくてめんどくさい。

その結果、WebDAVという結論に達した。
身内専用で証明書を渡す方法があったので、TLSで暗号化、Digest認証を行なっている。
サーバーは例によってFedora17で、クライアントは現行確認しているのはWindows7とFedora17(Gnomeからマウント)

Windows7ではアクセス時に長時間固まる現象に悩まされたが、
ここを参考にプロキシの自動検出設定を解除したらサクサク。
Fedoraのクライアントは特に問題なく動作している。
gnome使わずに一般ユーザーからマウントするにはどうすりゃいいんだろうか。
→追記:wdfsを使うとsshfsのようにマウント可能でした。

広告
カテゴリー:未分類
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。