ホーム > GNU/Linux, 東方 > Fedora15のwineで東方各種動かした

Fedora15のwineで東方各種動かした

メイン機用にGeForce GTX 550tiを購入したので今まで使っていた9800GTをサブ機に移設。
今まで動かなかったDirectX系動かないかなーと試してみた。

1.オンボード時代
話にならんね。

2.デフォルトのGalliumドライバ
タイトル60FPS出るものの安定せず。ゲーム開始すると30程度まで落ち込む。
Gnome-Shellを動かすだけには使えたがさすがに。

3.RPM Fusionのakmod-nvidia
# yum install akmod-nvidia
x86_64環境の場合、64bitドライバしか入らないのでさらに
# yum install xorg-x11-drv-nvidia-libs.i686
で32bitドライバもインストール。
割と安定。するが、地以降の作品では75FPSを記録。無理ゲー。
フォント関係が全作品にわたって割と残念な感じ。

新難題「金閣寺の一枚天井」?

スペルカード宣言はしっかり行うべきだと思うの

広告
カテゴリー:GNU/Linux, 東方
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。