ホーム > GNU/Linux > Fedora15のnamedがCPUを100%消費する現象改善

Fedora15のnamedがCPUを100%消費する現象改善

ここ半年ほどnamedが暴走してCPUを100%食いつぶしていたが、ようやく解決にこぎつけた。
/etc/named.confに
managed-keys-directory “/var/named/dynamic”;
を追記。というかFedora15をクリーンインストールすると書いてあるっぽい。
/* named.confとnamed.conf.rpmnewのdiffをとって初めて気づいた人 */

追記:
Fedora15クリーン環境だと今度は/var/named/dynamicが生成されないらしいという話を聞いたが再現せず。

広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。