ホーム > その他 > 「ラップトップ再誕」 OSなおしましょう編

「ラップトップ再誕」 OSなおしましょう編

大学に入ってからだいぶノートPCの活用が(主に無線LAN的に)できるようになったので
押し入れに突っ込んでいたLet’s note W2を復活させるべく作業を進めていた記録とか。
 
Windows XP SP1a→SP3→重すぎるのでFedoraにしよう→「メモリ足りないからX諦めてね!」
衝撃的なメッセージを見てFedoraのインストールを諦めてしまっていたがリトライ。
まずテキストのみでインストール。ネットワークの設定はnetworkを使って即終了。DHCPの素晴らしさを実感しつつ有線接続。
その後yumでさっくりXorgを入れて終了・・・と思いきや。
「cannot run Xorg」とか言われる。権限とか見なおしても動かない。最初はkdmのインストール失敗かと思いきやメイン機からXmingでつなぐとリモートログインできてしまう。
これはあれか、リモートサクリファイスしろってことですか・・・
 
ふと
ll Xorg
-rws–x–x 1 root root 0 2010-08-03 14:11 Xorg
ファイルサイズ0とかまたまたご冗談を・・・yum reinstall Xorg
 
えーうごいたー。青い設定っぽい背景に
「□□□□□□□□□」←原文まま
 
jp106とか英数字は見えたのでXで使うキーボードの選択だろうなぁと思いつつ魔法の直感でキャンセルっぽい所を選んでキャンセル。
これが最初の間違いだった・・・
 
とりあえず日本語でおkなのでフォントを入れる作業。hijiriから適当に必要っぽいフォントを捜索してインストール。
これが2番目の間違いだった・・・
 
で、startxしても返事こない。キーマップが壊れてる(どう見てもさっきのキャンセルが原因です本当にありがとうございました)とか言われるので
4時間かけてビルド失敗した上でキーマップのユーティリティを再インストールで修復完了。
 
わーいkdmあがってき・・・
□□□□□□□□□□
□□□□□     [         ]
□□□□□□□□[         ]
□□□□□□□ □□ □□□□□□□□□□□□□□□□□
いや、さっきフォントいれたでしょ・・・ どうしてこうなった。
このままログインできなくはないけども。
 
kdmのテーマファイルを覗いてフォントの名前確認。素敵なビットマップフォントを入れて一応ログインできる状態に。
ちなみにkdmを使っていてにWMはFluxboxを使用。KDEとかそんなもん動くわけないじゃないですか
 
ようやく動いたので(※朝の7時)必要なファイル(ssh秘密鍵、.zshrc、壁紙)だけコピーしてとりあえず寝ることに。次回「無線LAN編」に続く。
広告
カテゴリー:その他
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。