ホーム > GNU/Linux > ソフトイーサを通じたIPv6トンネリング

ソフトイーサを通じたIPv6トンネリング

カテゴリこれでいいのかなぁ
IPv6のトンネリングをソフト1つでお手軽に出来る方法の紹介。
筑波大が実験目的でやってるサービスのようで、VPNを通じてIPv6のネットワークに接続することができます。
 
VPNのソフトにはブリッジとクライアントの2種類がありますが今回は両方インストール。
というのも、サーバーにはIPv6で繋ぎたい一方クライアントPCにもグローバルIPが振られてしまう。
ブリッジにはサーバー禁止機能が付いているがそうすると一律に適用されてサーバーにもつながらなくなる。
最終的に苦肉の策として、ブリッジとクライアントの両方をインストールしてクライアントPCはブリッジを使い、サーバーはクライアント側を使うことで解決。
 
詳しい解説はそのうちやろうと思ってたぶん忘れる。
広告
カテゴリー:GNU/Linux
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。